クレーン車の買取

クレーン車の定義は、非常に詳細に分かれます。

文字通り自走できるクレーンと解釈してもいいでしょう。

しかし移動式クレーンも荷物車載トラックにクレーンが積載されている物や、
クレーンを主体の用途だけなどさまざまです。

車両積載型トラッククレーンは荷台とキャブの間に簡易の
クレーンを装着する物で「古河ユニック」の知名度から俗にユニック車と呼ばれています。

ブーム(クレーンの主たる部位)が直進して伸びるスタイルが日本ではおおむねですが、
海外では折り曲げ式もあり、一般的に一番普及しているクレーン車は8ナンバーを与えられています。

そしてホイールクレーンと呼ばれるものは、
特殊自動車扱いの9または0ナンバーの車両で、見るからにつりさげるだけに要するかなり大型のものを指します。

さまざまな状況で活躍するクレーン車は、
今や日本では欠かせない存在になっていて、目的別に多彩な種類が広まっています。

それだけクレーン車買取は注目度高いと言えるでしょう。

 

クレーン車買取のアドバンテージ

車体にクレーンが装着されていればクレーン車と呼ぶことができますが、
道路運送車両法の区分では厳密に分けられています。

ブームと呼ばれる梁鋼鉄の梁を伸縮し、
さらに旋回することで上下左右の作業域を実現できるようになっています。

小型で最大490kg程度のトラッククレーンから、
移動式クレーンでは10t以上の吊り下げ能力があります。

ですが一般的にユニッククレーン車というものはトラック式キャリアと呼ばれるもので、
車体を強化し車両総重量を8t以下に収めれば、普通自動車免許で国道を走ることが可能になります。

490kg吊りクレーンを装着したミニクレーン付きトラックではクレーン操作に関する免許は不要な点も注目でき、
この類は4ナンバー扱いとなります。

吊り作業を安定させ転倒を防ぐための補助足も装備されているので、
さまざまな安全を担保する装置を施し、
社会貢献するクレーン車の存在はなくてはならないものになっています。

そしてこれに代わる車両等がないことで、クレーン車買取のアドバンテージがクローズアップされているのです。